インドネシア会社設立費用

三輪桜子です。
今日はインドネシアにおいて、一般的な会社設立(インターナショナル)について、まとめますね。

インドネシアに外国資本が1%でも含まれる会社を設立する場合は、いわゆる外国投資会社(PMA)と見做され
海外からの借入金も含めた総投資額は100億ルピア(約1億円)
以上で、資本金はその1/4以上が前提条件となります。

投資計画が認可され会社が登記された後は、3年間にわたり
この100億ルピアを活用して投資計画を実現することになります。

100億ルピア全額をすぐに現金で用意する必要はありませんが
会社登記のためには資本金だけは新たに開設した現地法人の
銀行口座に振り込まなくてはならないため、最低25億ルピア
(約2500万)は現金で用立てしなくてはなりません。

関連記事

最近の記事

  1. 2014.10.16

    ショッピング

アーカイブ

PAGE TOP