インドネシアの電子商取引ビジネス

インドネシアの電子商取引ビジネスは急速に成長している。 この事業は成長し続くと予想されている。

その例は:

マタハリモール

この電子商取引が他のグループより大ヒットになった理由は、LIPPOグループによる投資家である。
MatahariMall.com
はインドネシア最初のショッピング方法O2O(オンラインからオフライン、オフラインでオンライン)を採用したオンライン小売店である。
この方法によってインドネシア全土のMatahariデパートで商品の支払い、返品、返品が行うことができる。

ラザダ

2012年にLazada.comは、ドイツのRocket Internetのオンラインショップによる設立された。
ロケットインターネットの東南アジア支部は、マレーシア、ベトナム、タイ、フィリピンに開設している。
Lazada
はアジアのAmazonのようだ。 完全なだけでなく、Lazada.comはソーシャルメディアで非常に人気で、顧客が最も訪問しているオンラインショップである。
その他の理由は商品代金を支払うことができるから。

また、ラザだがAlibabaからの投資をもらうことが話題になっている。 ラザダで最も売れている商品はパワーバンクです。
2014年から今年までに1,2万台が売り切れた。

Bukalapak.com

このサイトはインドネシアの人によって設立され、インドネシアで最大のオンラインショップである。 bukalapak.com19000販売者ぐらい登録した。

Tokopedia

Tokopediaは8年前に設立され、lazadabukalapak.comよりもデバイスのアプリケーションのダウンロード化を最初に紹介した

オエルエクスインドネシア

Olx.co.idは106の国に広がる広告が国際最大のネットワークオンラインショップです。 このサイトは、設定できる地域に応じて新製品または中古製品を販売している。

Elevenia

Eleveniaはユニークなサイトです。なぜならElevenia3人の幸運な顧客を選び、3ヶ月間で彼らが昔からほしい製品にあげる。 ファッションだけでなく、美容、健康、乳幼児、家庭、食べ物も販売されている。

Traveloka

Travelokaはチケットやホテルルームをオンラインで販売するための特別なオンラインショップです。
実はインドネシアでは多くの電子商取引がファッションだけでなく、あらゆる種類のチケット、ホテルなどのような製品を販売している。

インドネシアの消費者によるトップ5向け電子商取引:

  1. ラザダ
  2. Blibli
  3. マタハリモール
  4. ザロラ
  5. Jd.id

 インドネシアの消費者によるトップ5 オンラインショップ:

  1. トコペディア
  2. エレベーニア
  3. 買物客
  4. ブカラパク
  5. Qoo10

 

関連記事

最近の記事

  1. 2014.10.16

    ショッピング

アーカイブ

PAGE TOP